ETCカードをよりよく使う

ETCカードを使おうとするなら、ETC車載器を取り付ける必要があります。

ETC車載器には二種類あって、アンテナ一体型とアンテナ分離型です。

それぞれの長所と短所をご紹介しますので、比較してご自分に合った方を選ぶのがよいのではないでしょうか。

アンテナ一体型のETC車載器は、取り付けも簡単で自分でもできるほどです。

そのため設置費用などもかからない面からコストパフォーマンスが高いといえます。

ですが、配線が車外から丸見えで設置できる場所もフロントガラスやダッシュボードと限られているのが短所です。

一方、アンテナ分離型のETC車載器は、外からも見えにくいところに設置することができるので配線もみえず車上荒らしの防止にもつながります。

ですが、その分配線が複雑になっているのでプロでなければ難しいものですのでお店にお任せすることになります。

そのときに取り付け料がかかってくるのが短所です。

でもプロが行ってくれるので、より安心して使うことができるのではないでしょうか。

もしどちらにしようか迷うときには、アンテナ分離型の方がいいでしょう。

見た目のきれいさと盗難防止という安全性からもおすすめです。

ハンドルのすぐ近くなどに設置しておけばETCカードも挿しやすいと思います。

このように、ちょっとした事でだいぶ楽にETCカードを使うことができるのです。

ぜひ当サイトで、ETCカードの作り方と基礎知識を把握していってくださいね!